千葉医院は文京区千石で小児科・小児耳鼻科・アレルギー科・内科・循環器科を行っております。

お知らせ

ニュース一覧

予防接種について

2017年
9/20

2016年
9/30

その他のお知らせ

2018年
5/8 4/13 4/6 3/9 1/23 1/9

予防接種について

2017.9.20
 
インフルエンザワクチン接種のお知らせ
10月2日(月)から予約を開始します。
10月12日(木)から接種を始めます。
事前にインターネットまたは電話での予約をお願いします。
小児科は、月・火・木・金曜の15:30〜16:00に、年内中はインフルエンザワクチン専門外来を設定しました。どうぞ、ご利用下さい。
内科は、一般診療時間内に接種致します。

その他のお知らせ

小児科・アレルギー科の診療の状況(予約時間・診療順番)の確認サービス開始

小児科・アレルギー科の診療の状況(予約時間・診療順番)の確認サービス開始
2014年9月1日(月)よりWEB(携帯電話・スマートフォン・PC)から診療の状況(予約時間・診療順番)が確認できるようになります。また、院内にも同様の表示ディスプレイを導入致します。下記URLにアクセス、またはQRコードを読み取ると、携帯電話・スマートフォン・PCからご確認いただけます。少しでも、患者様の利便性に寄与できれば、と考えております。どうぞ、ご活用下さい。
http://www.tohoyk.sakura
.ne.jp/hw000444/

2018.05.08
 
<休診のお知らせ>

5月26日(土) 5月28日(月)は、小児科休診致します。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

2018.04.13
 
ワンポイント情報

<花粉症−その2>
スギ花粉の飛散は少なくなりましたが、ヒノキ花粉はまだ飛散が続いており、ピークは過ぎたものの、花粉症で苦しんでいる患者様が依然としていらしゃいます。 GW明けくらいまで治療を続けましょう。
さて、今シーズンの花粉飛散終了後から、当院でも導入する「舌下免疫療法」ですが、本年から年齢が引き下げられて5歳以上の患者様に適応できることになりました。 対象は、スギ花粉症、ダニによるアレルギー性鼻炎の患者様です(ヒノキ花粉症には効果がありません)。 方法は、簡単に言えば、スギ花粉やダニ抗原を舌下錠にしたものを、毎日1回、最低2年間服用することで効果を見る長期的治療です。
患者様のご希望と診察所見や方法の説明を総合して、個々の患者様について実施を決めていきたいと考えています。お気軽にご相談下さい。

2018.04.06
 
<休診のお知らせ>

4月24日(火)の午後、小児科休診致します。(内科はもともと休診です)
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

2018.04.06
 
<重要なお知らせ>

>>>こちらをクリックしてください

2018.03.09
 
<休診のお知らせ>

小児科:3月29日(木)休診いたします。
内科:3月24日(土)・4月7日(土)休診いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

<2018.03.09
 
休日診療のお知らせ

3月21日(水)    9:00〜22:00まで診療いたします。
小児科、内科とも診療します。

2018.01.23
 
今日の始業は、医院前の雪掻きでした!

<インフルエンザ>
当地域では、インフルエンザA型とB型が同時に流行する、例年にないパターンで推移しています。引き続き、外出時のマスクの着用と人混みを避けること、 うがい・手洗いの励行、室内の加湿などで予防しましょう。
 
<花粉症>
そろそろ、花粉症も気になる季節になりました。 先日出席した、関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会によると、スギ花粉の本格飛散開始は2月10〜14日と例年より3日くらい早く、飛散量は例年の約1.5倍と予想されています。 ただ、昨日の雪と今後の寒波の影響で本格飛散は3日くらい遅れそうです。いずれにしろ、今シーズンは患者様には辛いシーズンになるかもしれません。
対策としては、マスクやメガネで防護し、花粉などの原因物質(アレルゲンと言います)から回避することです。
治療としては、抗アレルギー薬の内服(全身療法)と点鼻薬・点眼薬による局所療法の組み合わせが推奨されます。 そして、早期(できれば本格飛散する1週間ほど前)から治療を開始した方が、シーズンを通じて良好に過ごせます。 かつ、初期治療を強力にし、症状の軽減に応じて治療を緩和する方法がより有効とされています。 個人個人で症状の違い(例えば、くしゃみ・鼻水が多いタイプか、鼻閉が強いタイプか、等)や薬の効き方の違い(例えば、ある患者さんには効果的でも、 別の患者さんには眠気が強くて使えない、等)がありますので、医師とよく相談して治療を開始しましょう。
最近の新しい治療である舌下免疫療法は、今シーズンの花粉飛散の終了後に、当院でも導入します。主たる理由は、同療法が開始され4年経ち、 その有効性と安全性が個人的に納得できたこと、今春より適応年齢が12歳以上から5歳以上に引き下げられること、です。 既存の薬物療法ではコントロールがつかず、ご希望される方、医師から見て同療法がベターと思われる方は、ご相談させて下さい。 時期が近づきましたら、当HP上でもより詳しい情報を掲載致します。

2018.01.09
 
年頭所感

明けましておめでとうございます。
本年も皆様の健康に寄与すべく、より良い医療を提供できるように、患者様に寄り添うことと、日進月歩の医学の進歩にキャッチアップしていくことを肝に銘じて、 ゴールはありませんが職員一丸となって歩み続ける所存です。どうぞよろしくお願い致します。
インフルエンザがA型もB型も流行してきました。うがい・手洗い・室内の加湿・マスクの着用・人混みを避ける、等で予防に努めて下さい。

診療日・時間

【診療時間】
午前 9〜12時/午後 16〜19時
【休診日】
土曜日午後・日曜日・祝祭日

小児科・小児耳鼻科・アレルギー科の診療日・時間
内科・循環器科の診療日・時間

アクセスマップ

MAP

都営三田線千石駅より徒歩3分
>>アクセスをさらに詳しく

アクセスマップ

パソコン・携帯からインターネット診療予約ができます。

QRコード

【パソコンで予約】
>>こちらをクリック
【携帯電話で予約】
QRコードを読み取りアクセス

千葉医院

〒112-0011
東京都文京区千石1-6-16-101
TEL:03-3941-1340
FAX:03-3941-1135
ドクターズファイル
ページのトップへ